ページの先頭です

五十肩

普段の生活でこんな事を気にしたことはありませんか?

1、洋服を脱いだり着たりがしずらい
2、髪の毛を洗うときにしずらい
3、洋服の背中のファスナーを開け閉めしづらい
4、ネクタイを結びづらい
5、電車のつり革に手をかけようとすると痛い

五十肩も四十肩も肩の可動時の痛みが主になるため、こうした肩の動きに制限を感じるようでしたら要注意です。

また、特徴的な痛みとして夜間痛(夜間の痛み)と早朝の痛みがあることが多いようです。
これは、肩関節は元々血流が悪い部位である上に、睡眠による肩周囲の血流の減少や睡眠時に痛い部位を下にして寝てしまったことによる肩の血流減少などが原因として考えられています。

肩関節周囲炎がはじまったばかりの時は肩の炎症がひどく、整形外科での治療では、抗炎症系の投薬、神経ブロック注射、ステロイド、手術などがあるようです。

五十肩と四十肩の一風変わった特徴

痛みが強くとても厄介な五十肩・四十肩ですが興味深い特徴があります。

1、片方の肩だけがなる事が多い。
両肩が同時に上がらなくなるというケースは少ないようです。しかし、右肩が楽になったら左肩が上がらなくなったというケースはあるようです。

2、半年~1年程度で自然に治る?
痛いのを我慢し続けると1年程度で肩の痛みがなくなったというお話を聞くことがあります。この五十肩の自然治癒について科学的な証明はされていないようです。
しかし、肩が治ったという方の肩関節の検査をすると、可動域の減少や筋力の低下などが残っている方が多くいらっしゃいました。肩の痛みという意味では治ったという事が言えるかもしれませんが、肩の機能としては不完全な事が多く再発も懸念される状態も多いようです。

カイロプラクティックの施術

五十肩・四十肩の施術は時間がかかると言われています。その理由は先にも申しましたが肩周囲の血流が元々少ないことが原因としてあります。
肩関節の問題を改善させるためには、頚部、肩甲上腕帯、背部、肘、前腕を考慮した施術が必要があります。
急性期は炎症を抑えるための冷却をしていき、慢性期は血流を改善させるために筋肉と関節に施術を行い固まらせないようにしていきます。

カイロ施術後の五十肩・四十肩の変化

カイロプラクティックの施術を続けると肩関節周囲炎は以下の変化をしてきます。

1、早朝と夜間の痛みの軽減。

2、肩の動きで痛みのない方向ができる。夜間痛の消失。

3、腕を前側から挙げていって耳に付くようになる。日常でできなかった動作が少しずつできるようになる。

4、日常の動作に支障がなくなる。

肩の症状の重さにより期間は上下しますがこういった治癒過程を経ていき、肩の症状の段階に合わせたエクササイズに取り組んで頂くことによって、治癒の期間は更に短くなっていきます。

メールでのご予約

現在の割引キャンペーン

只今、クロスハート大宮リニューアルキャンペーンを実施しています!
カイロプラクティック治療を受けてみたい!なんとなく体がだるい・・・など、からだのお悩みをお持ちの方はぜひこの機会にご利用ください。

ホームページキャンペーン

はじめての酸素カプセルキャンペーン

酸素カプセル

¥5000⇒¥2800(60分)
パパママカードをお持ちの方は
¥5000⇒¥2000(60分)
はじめてご利用の方には、次回使える¥1000OFFクーポンもプレゼント☆

ページの先頭へ