ページの先頭です

腰や足の痛みと坐骨神経痛、椎間板ヘルニア
トップページ > 症状別紹介 > 腰や足の痛みと坐骨神経痛、椎間板ヘルニア

坐骨神経痛、腰椎椎間板ヘルニアに伴う症状の出方とは?

110-EC0A6106-Edit

「痛みで歩けない、立っていられない」

「仰向けで寝ると腰が痛い、足の痛みで目が覚める」

「仕事を休むぐらい痛みでつらい」

「手術をすすめられた」

「ロキソニンやボルタレンなどの鎮痛剤を毎日服用している」

このような激しい痛みの症状で、日所生活に支障がでている状態が続きます。

坐骨神経痛と椎間板ヘルニアの違いとは?

「坐骨神経痛」は痛みやしびれなどの症状

「腰椎椎間板ヘルニア」は、腰椎の椎間板が原因の病名

ですので、「坐骨神経痛」の原因の一つが「椎間板ヘルニア」

と、覚えていただけるとよろしいと思います。

坐骨神経痛と椎間板ヘルニア、どんな施術をするの?

043-IMGX9302055-IMGX9353

①どこに原因があるのか、整形外科学検査神経学検査、筋肉の状態などを調べて施術の方針を決めます。

②検査の結果、椎間板ヘルニアが原因の可能性が高い場合は、痛みが少なくなる方向に骨盤や背骨を矯正して逃避姿勢を作っていきます。

③検査の結果、坐骨神経筋肉が原因の可能性が高い場合は、問題となっている要因(骨盤や背骨のゆがみ、筋肉の緊張)に対して施術を行います。

椎間板ヘルニア・坐骨神経痛で来院された患者さまのケース

CrossHeart_15-10-07_57

さいたま市北区在住 20代 男性 腰とふともものだるさ、しびれのケース

《今まで、どのような治療を受けていましたか?》

発症してから半年間、整形外科で椎間板ヘルニアの診断を受けてシップや牽引などを受けていました。

《はじめて来院された時はどのような状態でしたか?》

長時間座っていたり、同じ姿勢を続けると腰に痛みがでてきました。

明け方、腰の痛みで目が覚めてしまい、日常生活にも支障がでていました。

ふともも裏が常に何かが入っているようなだるさがありました。

《クロスハート大宮での施術を受けて何か変化はありましたか?》

最初3回目の施術までは、痛みも強く多少よくなったかなという感覚でしたが、4回目から明け方の腰の痛みとしびれが楽になってきました。1ヶ月の間に集中的に施術に通い、歩くことや立っていることができる時間も増えてきました。

《クロスハート大宮での施術方法》

今回のケースは、腰椎以外に骨盤や股関節の問題を重点的に施術しました。

椎間板の負担を下げられるように腹筋や背筋などの状態も整え、少しずつ体幹を支えやすくする施術を行いました。

体の回復状態に合わせて、エクササイズやリハビリを指導し体をつくりなおすことに取り組んで頂きました。

坐骨神経痛と椎間板ヘルニアの施術回数の目安

070-IMGX9405064-IMGX9390

長年の積み重ねの問題が原因の場合は、歪んだ状態を脳と体で記憶しているため、これらを安全に修正する場合かかる時間は増減します。症状の程度によりますが、日常生活に支障をきたすレベルの問題の場合は、週2~3回の施術を計10回程で変化は出てくるかと思います。(※症状には個人差があるため、数回で改善されるケースと10回以上かかるケースがあります。)

メールでのご予約

現在の割引キャンペーン

只今、クロスハート大宮リニューアルキャンペーンを実施しています!
カイロプラクティック治療を受けてみたい!なんとなく体がだるい・・・など、からだのお悩みをお持ちの方はぜひこの機会にご利用ください。

ホームページキャンペーン

ページの先頭へ